【フランスで妊娠生活】妊娠を確信していた理由

フランスで妊娠が発覚した時の話。妊娠検査薬やフランスの検査薬コーナーも紹介しています。

 

 

使用した妊娠検査薬

 

私が使用した検査薬はこちら。

商品名:Clearblue(日本で売られているものと同じ)

個数:2つ入り

 

購入場所は家の近くの薬局(Pharmacie)です💊

↓こちらが検査薬コーナーの写真。

 

なぜこの検査薬にしたの?

 

店員さんにどれがいいか質問したら「どれも変わりませんよ〜」と言われたので、

2本入って9€のものを購入。(値段は薬局によって異なります)

本数は1本でも2本でもよかったのだけど、子供はいずれ欲しかったので、

もし今回妊娠していなくても検査薬の使用期限は割と長めだし、無駄にはならないだろうと思って2本入にしました^^

 

 

ハッキリ線は出た?

 

私は生理予定日から1週間きっちり待ってテストしたので、線はくっきり出ました。

(パッケージには1分と書いてあったけど、数秒も待たずして結果が出た。)

 

あまりに早くてちょっと動悸がしました😲「わ〜やっぱり〜!!」って。

実際に目にすると、心の準備って出来てるようで出来ていないんですね。

 

——

⚠️注意⚠️

ここからは、体の生理現象について書いています。

もしかしたら不快に思われる方がおられるかもしれないので、

嫌な方はUターンお願いします🙇‍♀️

——

 

私が妊娠を確信していた理由

 

元々生理周期が安定しているタイプだったので、

3・4日遅れた時に「もしかしたら👶?」と思いました。

確信度は、80%くらい。

体調が30年生きてきて何かが明らかに違った。

残りの20%は、初めてのことなので「やっぱり気のせいかも」という気持ち。

 

生理予定日〜検査までの体の症状は、

  • とにかくゲップやおならが増えた
  • 生理が今にも来そうな感じ(お腹が痛かったり、胸が張ったり)

1つ目書こうか迷ったけど😅、私が80%も「妊娠してるな」と感じていたのはこれが理由です。

もうね、明らかに違う。

これが妊娠じゃなかったら、他の病気を疑ったくらい普段と違いました。

 

映画やドラマなどでよく見る「ウッ」と吐き気に襲われるようなことはなく、

いつもの生理前とあまり体の状態は変わりませんでした。

なので、フライングで検査はせず一週間きっちり待って検査薬を使用。

 

ゲップやおならのことを調べたら、妊娠超初期症状でよくある現象らしいですね。

 

産婦人科へすぐに連絡

 

検査薬で陽性の反応が出てすぐかかりつけの産婦人科に電話。

予約の取り方などは、次回の記事で^^お楽しみに!

 


オススメ記事をチェックする


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です