【フランスで妊娠生活】足がつる!対処法と病院で処方された薬

多くの妊婦さんが困る夜間の足のツリ(こむら返り)、私もありました。

足がつった経験なんて今までにあるのに、

なんで妊娠中のつりはあんなに辛いのでしょう😭

 

20wに入って睡眠中に初めて激しいツリに襲われ、痛くて痛くて図太い呻き声を発しました😅笑

検診4回目(妊娠21w)までで足がつったのはその1度だけだったのですが、

あまりに痛かったのでお医者さんに相談すると、薬を処方してもらい出産まで飲み続けました。

今日はその薬のことと、先生に教わった対処法についてです。

 

 

病院で処方された薬

 

私が飲んでいたのはこのブログのTOP画に載せたマグネシム剤

朝昼晩1日3回服用。

☝️ちなみにこれが私の処方箋のスキャンですが、

マグネシムだけではなく、出産まで服用した薬やサプリの処方箋には

「à renouveler jusqu’a l’accouchement(出産まで更新可能)」と書かれていて、

同じ処方箋を何度も使えたので便利でした🙌(検診の度にお願いする必要がなかった。)

 

 

足がつった時の対処法

 

薬を飲み初めてからほとんどつることはなかったのですが、

歩きすぎたり体が疲れていると時々つりました。

お医者さんがアドバイスしてくれた方法は、

寝ている時につったらすぐに立って、ゆっくり歩く

これで私はすぐに解消されました。

 

妊娠後期になると、お腹が大きくなって一人で体を起こすことがすぐに出来ず、主人に手伝ってもらっていましたが、

出張中一人で過ごす時なんかは、つりそうになったら体を起こして準備をしてました🤰

(後半になると「あ、来るな」って分かるんですよね😂)

 


オススメ記事をチェックする


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です