【フランスで妊娠生活】検診日程と払った料金・血液検査について

フランスの妊娠検診の回数や検診料や払い戻しについて。

 

出産までの検診予約の流れ

 

  1. 検査薬で陽性反応
  2. かかりつけの産婦人科へ電話(妊娠7wの初診と4回目まで予約を入れてもらう)
  3. 心拍確認、妊娠確定
  4. 検診5回目〜出産の予定表を組む

前回のブログで書いた内容と重複しますが、

私の通ってる産婦人科はオンラインアプリのDoctolibと連携しており、

受付の方がアプリ上で予約を取っていくので、

電話越しでもアプリで予約確認が出来、メモの必要がなくとても便利でした!

 

 

検診日程一覧

 

フランスのエコー検診は3回が一般的ですが、私が通った産婦人科は合計9回。

1ヶ月に2回の月も。

私が検診を受けた週と支払った料金は以下の通り。

検診1回目 妊娠7w 50€
2回目 13w 128€
3回目 17w 48€
4回目 21w 48€
5回目 23w 120€
6回目 25w 48€
7回目 29w 48€
8回目 33w 152€
9回目 38w  48€
出産 38w 281€(入院費)
合計:971€(全て払い戻し)

50€の時はさ〜っとエコーで赤ちゃんの動きと心拍を確認するだけの約10分ほどの検診で、

120€以上の時は約30分ほどかけて、計測など精密な検査でした👶

エコー写真は毎回もらえるわけではなく、大きな検診(120€を払った時)だけでした。

 

検診料の払い戻し

 

検診料はその場で支払い、その後約数日〜1週間以内に、Sécurité socialeと加入しているMutuelleから全額払い戻しされました。

払い戻しはかなりスムーズ!!

 

 

血液検査と尿検査

 

妊娠が確定した1回目の検診後、トキソプラズマとリステリアの検査のため紹介状(Ordonnance)を、

2回目の検診(13w)で21トリソミーの血液検査の紹介状をもらいました。

*21トリソミーの検査は受けるかどうか口頭で聞かれました。

 

私はトキソプラズマとリステリアの抗体がなかったので、

出産まで毎月血液検査と尿検査を受ける必要がありました。

 

ラボ(血液検査)への支払いについてはゼロ。

保険証(Carte Vital)を提示するだけで、検査後Sécurité socialeとMutuelleから直接支払いが行われます。

 


オススメ記事をチェックする


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です