【反省】我が子の著作権を買い戻した話 (涙)

いきなり入院部屋に入ってきて記念写真を撮ってくるカメラマン。あれ詐欺だと思う。

 

フランスは産院の入院部屋にカメラマン(しかも助産師のような格好をしている)が

急に入ってきて「1枚無料なので写真撮りますよ〜」という写真撮影を承諾している病院があります。

あれ、フランス人の中(少なくとも私の周り)では割と共通認識で「気を付けた方がいいよ」ってことになっていることを、私は知らなかったんです😭

今思い出しても悲しい。

だから注意発起の意味でここに書きたいと思います。

 

「著作権」あれだけ気をつけていたのに…

 

どこが問題なのか簡単に言うと、

写真を撮られてサインをしてしまうと、自分の子供の写真の著作権を渡してしまうことになります。

 

デザインの仕事をしていると常々気を付けている著作権。

「プロに撮ってもらうと記念になるかな?無料だしいいかな」という気持ちでOKしてしまいました。

 

タダより高いものはない!

 

退院後3週間くらい経って、写真館の人が家に訪ねてきました。

現像された写真と木枠アルバム(蛇腹になる)に3〜4枚入れられたものを持って。

 

説明によると、

1枚は無料。蛇腹のアルバムはたしか1万円。

これだけ聞くと普通のカメラマンにお願いしてもこれくらいかな?と思いますよね。

次に言われたのが「著作権を譲渡希望の場合はデジタルデータ+蛇腹アルバムで4万円」。

 

つまりこれを断ると「自分の子供の写真はどうやって使ったって文句は言えませんよ」ということ。

この言葉を聞いて私も主人も真っ青に。

 

 

写真は確かに綺麗だけど、「思い出」を買うには後味が悪すぎる

 

きっと「写真館だし広告に使うくらいでしょう」と想像するのが一般的かもしれません。

だけど、それは分かりませんよね。

今の時代、何に使われるか分かりません。

一度でもネットにのせれば、一人歩きする可能性だってあります。

 

写真自体はいいカメラでとっているから綺麗です。

ただ、アルバムに入れられた現像写真のクオリティーは悪い。

 

無料分だけもらえていたらどんなによかったことか。

結局4万円を払って買い戻しました💰😢

そしてアルバムは義両親のもとへ。(後味が悪すぎて家に置いておけなかった)

 

この一件を周りに話すと「普通は断るよ」とのこと😅

あんなに堂々と入ってくるし、助産師の格好してると、簡単に受け入れてしまう人もきっと多いはず。

 

皆気をつけてくださいね!

 


オススメ記事をチェックする


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です