【フランスで妊娠生活】陽性反応がでたら産婦人科へ連絡。かかりつけ医の見つけ方は?

検査薬で陽性反応が出たら、次のステップは産婦人科の予約!かかりつけ医の探し方や初診についてまとめています。

 

 

かかりつけの産婦人科へ電話で連絡

 

街や病院にもよりますが、フランスの産婦人科の予約は非常に取りにくいことで有名です(4〜6ヵ月待ちが一般的)。

だけどこれは通常の健診に限って。

妊娠した場合は、予約をすぐに入れてくれます。

*病院側が妊婦さん優先に空きを用意しているため。

 

「MiStile」のブログで以前、ネットで病院の予約が取れる「Doctolib」というサイトを紹介したことがありますが、

妊娠したかも?と思ったら、連絡はネットではなく電話でしましょう📞

ちなみに私の通っているクリニックでも、「Doctolib」上では空きが表示されなかったのですが、

初診及び4ヵ月先までエコーの仮予約を入れてくれました😉

 

初めての検査はいつ?

 

初診は妊娠7週目でした。

電話した日から2週間後の予約だったので、

「もっと早く行かなくて良いの?」と思いましたが、

「7週目頃だと確実に心拍を確認できるから」と言われました👶

 

 

かかりつけの産婦人科どうやって見つけた?自分にとって良い産院は?

 

かかりつけ医探しは海外生活においてとても大切ですが、

妊娠を希望する人にとって産婦人科選びは慎重になりますよね。

私は約2年前、産婦人科をフランスで探した時、

「海外生活をずっと続けるなら、いつかフランスで出産する可能性もあるかも」と思い、その将来を見据えて病院探しをしました。

当時は「Doctolibで健診の予約が簡単に出来る病院」が重要な条件の1つでしたが、

「エコー検診を受ける病院で出産ができること(産院が同じ)」も条件に入れていました。

 

またフランスの産婦人科と聞けば、なんとなく良いイメージを持つ人も多いのではないでしょうか?

(社会福祉がちゃんとしている、ママのサポートが手厚いイメージから)

だけど、世界共通そんなことはありません😅残念ながら。

不安いっぱいの妊娠検診、出産。

助産師にひどい言葉をかけられたなど、最悪な体験をした友人(フランス人)も実際私の周りにいます。

私が産婦人科を探す時に気にしたのは、

  • 女医
  • ネットで高評価(GoogleMapに出てくる口コミ評価など)
  • 通いやすさ(車がないのであまり遠過ぎないこと、交通機関で通えること)

でした。

 

Doctolibってやっぱりとても便利

 

病院側も電話中に直接Dobtolib上に予約を取っていくので、

私がその場でメモしなくても、アプリを開いているとリアルタイムで予約が取れていることが確認できます。

その後も一回一回予約を取るのではなく、

妊娠が確定した段階で出産予定日まで一気に予約を入れてくれたので、

もし口頭だと「ちゃんと予約とってくれたのかな」「この日はこの時間で合ってたっけ?」と不安になった可能性があるのでとても助かりました😉

 

 

妊娠を希望する人が必ずやっておくべきこと

 

これは妊娠に関わらず、先生に言われてずっと続けてきたことですが、

生理の周期を必ずメモすること(カレンダーに生理開始日をメモする)」。

日本の産婦人科でも同じだと思いますが、

健診でも生理が定期的にきていることは問診で聞かれますし、

妊娠した時は特にその日にちが妊娠周期の計算の使われるのでとても大事です。

 

【次回】妊娠発覚〜初診までの間どう過ごす?

 

病院で予約が取れて一先ず安心😉

初診までの2週間の過ごし方については次回の記事で!お楽しみに。

 


オススメ記事をチェックする


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です